2015年11月14日

【転載】知らなきゃ損!化粧水を「10倍浸透させる」4つのコツ - Yahoo! BEAUTY

知らなきゃ損!化粧水を「10倍浸透させる」4つのコツ - Yahoo! BEAUTY
http://medical.yahoo.co.jp/diet/

高い化粧水を使ってみたけど、あまり効果が実感できなかった……という経験はありませんか? スキンケアアイテムは価格によって使用成分や処方が異なるものが多いのですが、たとえ高価なものでも、ただ使っているだけではキレイになれるはずがありません。

逆に、いつもの化粧水でも使い方をひとつ変えるだけで、その浸透率が何倍にも跳ね上がります。価格に関わらず、化粧水の効果を得るためには、しっかりと浸透させることが大切です。

そこで今回は、化粧水の浸透を高める4つのコツを紹介します。

1:クレンジング料を人肌に温めるメイクや余分な皮脂が肌に残っていると、化粧水は浸透しにくくなります。油分を含むリップクリームが冷えると固くなるように、皮脂も冷えると固まり、温まると溶け出します。冷たいクレンジング料を肌にのせると、メイクや皮脂が落ちるまでに時間がかかり、肌の負担になったり、落とし残しが出てきてしまいます。

皮脂が溶け出す温度は32℃〜だと言われており、人肌程度で溶け出します。手をキレイに洗って、クレンジング料を手で少しなじませて温かくしてから使用すると、短時間で効率よく汚れが落ちます。手が冷たい女性も多いので、使用する前に手を温めてからクレンジング料を手に取るとよいです。

2:化粧水は人肌に温める肌は冷えると血管が収縮し、細胞の働きが低下することから化粧水の浸透も悪くなってしまいます。化粧水が冷たいと、化粧水をつけた皮膚の温度が下がってしまうので、化粧水は冷やさずに清潔な手にとり、手のひらの熱で少し温めてから使用するとよいです。

また、パッティングのし過ぎにも注意です、肌表面が傷つき、バリア機能が弱まることから、せっかく保湿したうるおいが外に逃げやすくなってしまいます。やさしくなじませるようにつけるのがポイントです。

3:最後にハンドプレスでなじませる化粧水を全体になじませたら最後に両手で軽くハンドプレスをするとより化粧水の浸透が高まります。じんわりと温かい手で顔を包み込むことで血行促進効果だけでなく、リラックス効果や自律神経を整える効果も期待できます。顔にしわが寄らない程度に軽くおさえると効果的です。

4:余計な角質は定期的に除去肌を守るバリア機能の役割を果たす角質層はとても大切です。しかし、古くなった角質がはがれ落ちずいつまでたっても肌の上にのっていると、角質層が厚くなり化粧水の浸透が悪くなることはもちろん、顔全体のくすみにもつながります。

化粧水の浸透が悪いな、顔色がくすんでいるなと感じたら、角質除去のジェルやパックで不要な角質のケアをするのもおすすめです。ただし、指定の使用頻度を守らないと必要な角質まで取り去ってしまい、肌トラブルを起こしやすくなってしまうので注意が必要です。

この4つの方法を活用して、化粧水をたっぷりと浸透させ、透明感あふれるプリップリの肌を保ってくださいね。
posted by シュガーラッシュ at 09:00| 日記

2015年11月13日

【転載】春なのに肌ダメージ!知らないうちに受けている刺激とは? - Yahoo! BEAUTY

春なのに肌ダメージ!知らないうちに受けている刺激とは?
http://medical.yahoo.co.jp/diet/

気温差が激しい春。強風に吹かれたり、紫外線が急激に強くなるなど、肌にとってはツライ環境が整ってしまいます。そんなときこそ、ケアの方法に気をつけてくださいね。

強風、気温差、紫外線。肌にとって春は要注意シーズンです。天気が良く暖かい春は外出も楽しくなりますね。ついつい、いつもより外出時間が長くなり、春の嵐に遭遇してしまうこともあると思います。強風の中で過ごしたその日の夜から突然、肌の表面にザラザラが出たり、ヒリヒリすることってありませんか?

強風といえば、髪を乾かすときのドライヤーの風でも、顔に当たるような乾かし方をしていると、お肌が乾燥したりしますね。

冷たい強い風は、それ自体も刺激になりますが、花粉や黄砂、有害物質の飛散により肌表面にダメージが加わります。また、肌の内側の水分も風の影響で逃げやすくなり、潤い不足のスカスカ状態となるため、皮膚表面のバリア機能が弱くなって刺激を受けやすくなります。

季節の変わり目の気温差も油断できません。日中はポカポカ陽気で良い天気、紫外線予防もしっかり完璧だと思っていたら、夕方には冷たい風が吹いてきて、肌がヒリヒリしてしまうことがあります。

紫外線散乱剤などの配合量が多いタイプや、肌への密着性が高いタイプのUVカット剤だと、肌の水分が奪われて皮膚表面がカラカラに乾いてしまうことがありますので、注意しましょう。
風が強い日のプラスケアとメイク直し強風注意報が出ている日は、朝のローションの回数をいつもより多くします。手で5回つけているようでしたら、6〜7回と増やしてしっかりと肌に浸透させます。

ローションの後の保湿は、美容オイルまたはシットリ系の保湿クリームを、少し時間をおいて(2~3分ほど)から、顔全体にそっと置くようにしてつけます。顔の上で保湿剤を伸ばすような塗りこむ方法ではなく、肌をいたわるように手のひらで優しく顔を覆いながらペタペタと置くように乗せてゆきます。

UVカット剤は、できればローションタイプのノンケミカル処方のものにすると、肌に負担なく紫外線予防ができて効果的です。そして、ファンデーションは保湿効果が高いクリームタイプにしましょう。

また、風が強い日にはローションとクリーム、クリームファンデーションは小さい容器に移し替えて用意しておくと安心ですね。風に当たって乾燥を感じたらすぐに、清潔な手にローションを取り出しメイクの上から保水をします。

この時、ローションを取り出す量が多いとメイク崩れしやすいので、1円玉大の量を取り出し両手のひら全体に広げます。すると手が少し湿気を帯びたようなしっとり感になりますので、乾燥を感じるところに数回置くようにしてつけましょう。本格的に水分補給するというより、肌を湿らせるというイメージですね。

保湿クリームもいつもの1/4程度の量を手のひらに取り出し、そこへローション1.2滴を加え、両手を軽くこすり合わせるようにして混ぜます。すると乳液状になりますので、手を優しく置くようにして顔全体を保湿します。

さらに、クリームファンデーションを手のひら全体に伸ばしてからペタペタと置き乗せるようにつければ、風のダメージから肌を守りながらのメイク直しができますよ。

ただし、ファンデーションの油性成分が多いタイプだと、この方法でお直しするとメイクがヨレてダマになり、修復できなくなることもありますので、まずは休日などを利用して、一度メイク直しのレッスンをなさってみてください。

なお、こういったお直しが手軽にできるファンデーションもありますので、そういったタイプのファンデーションに切り替えて、スキンケアを兼ねながら風の日対策をされるのも効果的ですね。
それでも肌ダメージを感じた当日のケア方法その日の夜は、クレンジング中心の洗顔がおススメです。クレンジングを使わずに洗顔フォームだけで洗うと、余計肌がザラザラしてしまうので、ご注意ください。

洗顔後は、すぐに化粧水はつけずに、先に美容オイルまたは保湿クリーム少量を手に広げてから顔全体につけ、肌を保護してから化粧水をつけるようにすると、ヒリヒリ感を感じずに保水することができます。

化粧水のあとは、最後にもう一度美容オイルまたは保湿クリームをいつもより気持ち多めにつけてケアをしましょう。

肌ダメージを受けたら、パックなどの積極的なプラスケアではなく、肌を保護しながら休ませる引き算のケアを心がけてくださいね。

posted by シュガーラッシュ at 09:00| 日記

2015年11月12日

【転載】男はプルプルが好き!「唇カサカサ女子」が恋愛勝ち組になる3つの方法

男はプルプルが好き!「唇カサカサ女子」が恋愛勝ち組になる3つの方法| Life & Beauty Report(LBR)
http://lbr-japan.com/

目力を意識し過ぎるあまりに、つい怠ってしまいがちなのが“唇”ケア。しかし、男性の目線は意外にも、その唇に向けられています。しかも、唇を意識している女子の方が彼氏所有率がUPしちゃうというデータも。恋愛勝ち組のモテ女子になるためにも、毎日のケアは必須かも!?

■“唇ぷるぷる女子”の彼氏所有率が高い理由
株式会社エテュセが、10代〜30代の男女各200名を対象に「女性の唇」に関する意識調査を行ったところ、“唇カサカサ女子”と“唇ぷるぷる女子”の彼氏所有率に差がある事が分かっています。まず、「自分の唇はカサカサしているか?」との問いに、女性の約半数が「自分の唇はカサカサだ」と回答し、逆にプルプルしていると答えたのは全体の1割だっそう。さらには、“唇カサカサ女子”と“唇プルプル女子”に、彼氏の有無を聞いたところ、唇カサカサ女子では48%、唇プルプル女子では62%が彼氏アリと答え、彼氏所有率に差が出てしまったそう。

■女性の唇に男性が「ガッカリした」経験も多数
また、「ついつい見とれてしまう女性のパーツについて」の問いに対して、3割の男性が「唇」を 選択しているそう。しかし、「デートの際にガッカリしてしまうポイント」についても、3割以上の男性が「カサカサで荒れた唇で来た時」と回答。と言う事は、男性がぷるぷる唇を求めているにも関わらず、女性は期待に応じられてないという結果に。

■ぷるぷる唇をつくる方法
彼氏に愛される“唇ぷるぷる女子”になるめにも日々のお手入れは必須。肌とは違って角質が薄く、皮脂腺や汗腺がない唇は、自ら保護する力が無いため、常に外的刺激を受けやすい状態。正しい知識を身につけて、しっかりケアしましょう。

(1)新陳代謝を促進する
カネボウの研究では、荒れた唇は、角質細胞同士の接着が強くなっているため、いつまでも古い角質細胞が残ってしまうことが分かっているそう。ですので、唇荒れを防ぐには、新陳代謝を促進してあげる事が大切。まずは、ワセリンなどの低刺激なプロダクトを使って、こまめに油分と水分を補ってあげましょう。乾燥を解消し、しっかり潤えば古い角質は自然に剥がれ落ちていきます。

(2)必要以上に刺激を与えない
古い角質を除去せねばと無理に剥がさない事が大切。また、拭き取り用のメイク落としやタオルなどの摩擦を最大限に控えてあげる事。さらに、グロスや口紅は刺激が強いため、メイクが楽しめるようになるまでは、使用をストップしましょう。

(3)ビタミンB2を摂取
唇が荒れている際に足りない栄養素は、ビタミンB2。粘膜を正常に保つ働きをするビタミンですので、不足するとケアしていても唇の荒れが治らない…なんて結果になりかねません。ビタミンB2を多く含む食品は、レバー、卵、納豆、ほうれん草、ブロッコリー、ですので積極的に摂取するようにして。

唇の細胞が生まれ変わるサイクルは肌より短いので、毎日ケアしてあげれば短期間で唇ぷるぷる女子に生まれ変わる事も可能ですよ!
posted by シュガーラッシュ at 22:26| 日記