2015年12月02日

【転載】肌断食でお肌に刺激と癒しの時間を - Yahoo! BEAUTY

【転載】肌断食でお肌に刺激と癒しの時間を - Yahoo! BEAUTY
    http://medical.yahoo.co.jp/diet/bihada/4388/

女性は毎日のお化粧、スキンケアで常にお肌に何かを塗っています。お肌を保護し栄養を与えることはもちろん大事なことですが、皮膚は与えられた栄養を吸収するのに必死になり、逆に働かせすぎてしまっています。そこで、今回は週末を利用した“肌断食”のご提案をしたいと思います。

こんにちは!今回は週末を利用した“肌断食”のご提案をしたいと思います。この言葉、どこかで目にした方もいらっしゃると思いますが、実際にやってみるとやはりいいなと感じました。

女性は毎日のお化粧、スキンケアで常にお肌に何かを塗っています。化粧水と乳液に加え、美容液、クリームetc…と5〜6種類のアイテムが習慣になっていたりしませんか?お化粧品大好きな私は典型的にそのパターンでした。ついさまざまなアイテムが揃ってしまい、開封すると勿体ないからという理由でとりあえず一生懸命塗ってみたりしていませんか?

これって実は考えものなのです。お肌を保護し栄養を与えることはもちろん大事なことですが、皮膚は与えられた栄養を吸収するのに必死になり、逆に働かせすぎてしまっているのです。毛孔はメイク用品や油分たっぷりのクリームで常に密封状態。これってお肌を逆に追いつめてしまっているかもしれません。

10年後のお肌のために…お肌を過保護にしないあまり若いうちから過保護なスキンケアをしていると、お肌はどんどん怠け癖がついてしまいます。私も20代の後半に一度「今のうちから最高のスキンケアをしておけばいいはず!」と、とある高級ブランドをラインで使っていたことがあるのですが、逆になんだかお肌が疲れてきたことがありました。

逆に38歳の今、敢えてシンプルなコスメを使っているとお肌がイキイキと回復してきたりします。

皮膚は28日間でターンオーバーいたしますので、敢えてたまにはスパルタ状態にしておくと逆にお肌の本来の機能の方が頑張り始めるのです。皮膚そのものにも外部の刺激からのバリア機能がありますので、多少放置しておいてもすぐにカサカサ・シワシワになるわけではありません。

常に栄養や美容成分をたっぷり与えてお肌をサボらせてしまうと、10年後、自分の肌の機能そのものが衰えてしまうかもしれませんよ。
お休みの日を利用してプチ肌断食しましょうとはいえ、社会人は最低限のメイクをするのがマナーですのでなかなか平日にスッピンで過ごすなんてできませんし、メイククレンジングは洗浄力が強いため洗顔後乾燥しがちですのでスキンケアをしないわけにもいきません。そこで、週末だけの肌断食をオススメします。

方法はシンプルで、休日の日だけ朝からメイクをせず、スキンケアもお休みするというものです。朝、軽くお水で洗顔したら、1アイテムで保湿だけをします。このとき少し高級ではありますが、保湿力の高いアルガンオイルをオススメします。

ワセリンをオススメしているケースもあるのですが、ワセリンはベトつくのであまり心地よくないので、お顔に適しているかどうかは微妙です。この時の保湿は水分ではなく油分で行うことがポイントですよ。週末だけでもいいのでお肌を休ませてあげることで肌そのものの保水力を呼び覚ますことができますよ。

ただし肌断食はあくまでもお肌への刺激でありメリハリです。過保護にし続けても良くありませんが、断食にハマってしまうのも良くありません。肌断食と言いつつスキンケアをしなくなりメイクをしなくなったりしたら、そんな女性はセクシーではありませんからね。あくまでも週末・休日のプチ断食がオススメです。
posted by シュガーラッシュ at 12:00| 日記